ロドス島の巨像&オリンピアのゼウス像

自由の女神と匹敵する大きさの巨像がかつてありました。そしてその巨像が「ロドス島の巨像」です。造られたのは紀元前3世紀頃で、リンドスのカレスによってエーゲ海の南東部ロドス島に建造された太陽神ヘーリオスをかたどった彫像です。その大きさは全長は34メートルですが、巨像が置かれた台座も含めると約50メートルになります。太陽神ヘーリオスの彫像なので、ヘーリオスの巨像のほか、アポロの巨像などともいわれています。

そして座っている像で、もしこの像が立ち上がったら屋根を突き破るのでは?!と言われたのが「オリンピアのゼウス像」です。「ロドス島の巨像」「オリンピアのゼウス像」も世界の七不思議に含まれている像になります。

ロドス島の巨像

ロドス島の巨像が建設されるのには、なにか理由があったのでしょうか?!「ロドス島の巨像」が造られたのは、太陽神のヘーリオスへの感謝の証しとして、建造されたました。紀元前323年に通称アレキサンダー大王のアレクサンドロス3世が亡くなります。そしてアレキサンダー大王には後継者が存在していませんでした。そのためマケドニア帝国は、有力な将軍たちによって分裂してまさに下克上状態となり、ディアドコイ戦争に突入しました。この戦争で、ロドスの方はといえばエジプトを領地としているプトレマイオス1世に協力しました。

プトレマイオスの対抗者のアンティゴノス1世は、紀元前305年に息子のデメトリオスに40,000人もの大群を率いさせてロドスへ派遣しました。ロドスの防備は、城壁で囲まれていたため、とても強固な守りとなっていたため、デメトリオスは攻城塔を作って接近しようとしました。

まず、最初に6隻の船に攻城塔を搭載して送り出したが、あいにく嵐のために接近することはできませでした。デメトリオスは、ヘレポリスと名づけたさらに大型の攻城塔を建設して、これを陸上からロドスへと送り込みました。ところが、城内から出撃したロドスの守備隊が、城壁に到達する前にヘレポリスを阻止しました。

紀元前304年に、プトレマイオスの派遣した援軍がロドスに到着したことで、デメトリオスは大いに慌て急いで、自軍を引き揚げさせましたが、あまりにも急な撤収ということもあり、多くの装備をそのままに置き去りした状態での撤収でしえた。デメトリオスはロドスの征服には失敗していますが、他の都市はたくさん陥落させていたのでロドスの失敗の方が珍しいぐらいかもしれません。

巨像の構造

ロドスの人々はデメトリオスとの戦いに大いにわきかえります。そしてこの勝利を祝って、太陽神ヘーリオスへの感謝の証として彫像を作ることにしました。建造の指揮をとったのはリンドスのカレスです。カレスは20メートルを超えるゼウス像を建造したリュシッポスの弟子でした。そして、かつて大彫像の制作に関わったことのあるロードスの住民もヘーリオスの像を作るのに協力することになりました。

古代の記述によれば、ロドスの巨像を作るにあたって、まずロドスの港の入り口付近に高さ15メートルの大理石製の台座を設置しました。そしてその台座の上に鉄製の骨組みを作ります。そしてさらに、薄い青銅板で外装を覆いました。外装に使ったのは、デメトリオス軍が残していった武器であったり攻城塔を鋳潰したものが建築材料として使われました。建造には盛り土の傾斜路を利用します。組み立てが進むにつれて、傾斜路の高さを調節して対応していたと考えられています。彫像自体の高さは34メートルですが、像の立つ台座を含めると約50メートルにまでも達することになりました。巨像が完成したのは着工してから12年後となる紀元前284年に完成しました。

地震で倒壊

太陽神ヘーリオスへの感謝の証として完成してから、58年後の紀元前226年にロドスで地震が発生しました。そして巨像は、膝から折れて倒壊してしまいました。プトレマイオス3世は、ロートス島巨像の再建をするための資金提供を申し出ましたが、ロドスの住民たちは神に似せた彫像を作ったことが、神の怒りに触れたのだろうと考えたため、巨像の再建を拒否しました。そして結局巨像は、倒壊したまま800年間にわたってそのまま放置されていたために、その間に残骸を見物するために多くの人が訪れることになりました。大プリニウスの記述では、巨像の脱落した親指に腕を回せるものはほんのわずかの人数しかいませんでした。また指だけでも、ほとんどの彫像よりも大きかったといいます。

654年に、イスラム教5人目の指導者となるカリフでウマイヤ朝のムアーウィヤの軍がロドスを征服しました。そしてある記述によると、倒壊したままの状態になっていた巨像の残骸はエデッサの商人に売却されたといいます。商人は彫像を破壊して青銅のスクラップにして、900頭のラクダの背に積んで持ち去ったといいます。そして持ち去った商人を含むムアーウィヤをはじめとした彼らはイスラム教徒ということもあって、巨像のような偶像崇拝を忌んでいたことも、巨像を撤去する理由になったと考えられます。

オリンピアのゼウス像

古代オリンピックの奉納競技の本尊だったとされているのが、天空神ゼウスの彫像です。この彫像をつくったのは古代ギリシアの彫刻家のペイディアスです。ペイディアスで有名なのはやはりパンテノン神殿の総監督を担当したことです。ペイディアスが建造したオリンピアのゼウス像は、紀元前435年だといわれています。

ゼウス像の構造

本体は杉で作られて、表面は象牙で覆われていました。そして表面の乾燥を防ぐために、常にオリーブ油を塗布していた。ゼウス像の座席は見事に飾られていて、金・象牙・黒檀そして宝石で飾られていました。右手には勝利の女神ニケの彫像を持っていて、左手には鷲が止まった錫杖を持っていました。

紀元前の5世紀頃に、オリンピアにゼウス神殿が建造されました。そしてこのゼウス像は、ゼウス神殿の奥に収められていて、その全幅は神殿の通路の幅とほぼ同じでした。座った像でありながらも、全長は約12メートルもありました。紀元前1世紀頃の地理学者ストラボンは「もしも、ゼウス像が立ち上がったとしたら、屋根を突き抜けてしまうだろう」と記述しているので、その大きさのほどがわかります。

ゼウス像のその後

紀元前2世紀頃のローマの将軍ルキウス・アエミリウス・パウルス・マケドニクスは、マケドニアを征服した際にこのゼウス像を見物していますが、ゼウス像のあまりの神々しさに強い畏敬の念を感じたといいます。そんな神々しい姿をしたゼウス像ですが、紀元前435年ごろに造られれから約800年後の394年に、オリンピアからビザンツ帝国の首都コンスタンティノポリスに移されました。

そして移されてからの消息は不明になっていますが、おそらくゼウス像は焼失したと考えられています。1958年に新たな発見がありました。それはゼウス像の建造に使用されたと考えられる工房が見つかったことです。この発見で、ゼウス像の全容の解明が進められることになりました。